体に対するカフェインの影響

カフェインは体に吸収されやすく、30分以内に効果が現れ、最大12時間効果が持続します。これはコーヒーまたはカフェインを含む飲み物を飲む頻度や、カフェインの量によって異なります。カフェインが体に及ぼす影響には以下のようなことが挙げられます。 

  • カフェインは体内の温度を上昇させます。 
  • トイレが近くなります。  
  • コーヒーを飲みすぎる人は、最初は注意力が鋭くなり、活力を感じますが、そのうちに落ち着きがなくなり、イライラしやすくなり、不安な気持ちに襲われるようになり  ます。  
  • カフェインの摂りすぎは胸焼けや胃の不快感を引き起こすため、消化機能に問題が起こる場合があります。 
  • カフェインの摂りすぎは精神の混乱を引き起こす場合があり、頭痛が起こることもあります。 
  • カフェインは一部の癌のリスクを低減する可能性があります。 
  • カフェインの摂取と体重の減少に関係がみられます。 
  • カフェインの摂りすぎは吐き気や嘔吐を引き起こす可能性があり、特に食べ物を食べていないような場合にそれが見られます。  
  • 禁断症状が起きると、筋肉痛を経験することがあります。 
  • 不妊に悩む女性はカフェインの摂取を減らすことをお勧めします。  
  • 適度なカフェイン量の摂取は問題ありませんが、摂りすぎると下痢を起こす可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *